• HOME
  • WORKS
  • 歴史に想いを込める駅看板の企業広告デザイン【株式会社昭文社】

デザインと広告、WEBサイト制作の実績・事例

歴史に想いを込める駅看板の企業広告デザイン【株式会社昭文社】

Gallery

公共性のあるデザインとストーリー

地図とガイドの専門出版社である昭文社様の本社がある麹町は、実は江戸後期に爆発的に普及発展した「江戸切絵図」発祥の地でもあります。麹町駅から地上に出た麹町交差点にはその史実を案内する千代田区の案内板もありその名残を留めています。

町内に「小路」が多かったため「麹町」という町名になった、という俗説もあるほど江戸の当時分かりづらかった麹町(=番町)の道。その不便さの解消からまったく新しい絵図の出版が始まったとも言い伝えられている江戸切絵図。もともと荒物屋であった近吾堂(現在の麹町6 丁目)が最初に出版。しかし、その後につづいた尾張屋(現在の麹町4 丁目)の切絵図が色彩の改良など創意工夫を施し数万部を越える大ヒットに。新しいスタイルの地図出版にしのぎを削った偉大な先駆者たちにあやかろうと、麹町が今も昔も地図の町であることを伝えています。

シンプルなデザインと印象的なコピー

要素をできる限り絞り「江戸後期にこの地が地図出版の画期となるような役割を果たしたことと、現代の地図出版のリーディングカンパニーである昭文社がこの地に本社を構えていること」の2点をストレートに訴求しています。また、読み物として認識されるようあえてエディトリアルな印象のデザインを採用、江戸切絵図への敬意と歴史への想い、そして商品サービスへの自信を伝えています。

改札を出てすぐにある麹町駅の看板は、非常に目につきやすいポジションでもあることから、歴史や地図、麹町というテーマに興味を引かれた通行人がことあるごとに足を止めて眺めています。みなさまも麹町・半蔵門駅をご利用の際はぜひ一度ご覧下さい。

また今回の制作では、江戸切絵図復刻版版元との使用許諾調整や国会図書館との許諾調整など、版元のリサーチから使用許可のマネジメントまで担当致しました。

Client:株式会社昭文社


URL:http://www.mapple.co.jp/


Service:広告制作 広告デザイン

【株式会社昭文社】1960年の創業以来半世紀以上にわたり信頼あるサービスを提供する地図とガイドブックのリーディングカンパニー。道路地図(スーパーマップルなど)と旅行ガイドブック(まっぷるなど)では圧倒的なシェアを誇る。ことりっぷ、山と高原地図、震災時帰宅支援マップなどユニークでオリジナリティあるシリーズにも定評がある。また法人向けサービスにおいては、観光プロモーションを中心とした広告の企画制作から、デジタルソリューション、アプリ開発、ナビゲーションシステムの構築まで幅広いサービス展開を行っている。

cooperation:岩橋美術

【岩橋美術】平成2年(1990)美術書を中心とした出版物の編集・制作工房としてスタート。企画から文章構成、写真撮影、編集、レイアウト、印刷、製本まで、書籍制作の全てを引き受ける。近年は、自社企画の復刻「江戸切絵図 全32図」を平成16年7月刊行開始、平成19年1月無事完結。多くの江戸研究家、時代小説愛好家から高い評価を得ており現在も全図発売中。

URL:http://www.iwabi.jp/