• HOME
  • WORKS
  • 力強いコピーで認知拡大を図ったポスターデザイン【株式会社カークエスト】

デザインと広告、WEBサイト制作の実績・事例

力強いコピーで認知拡大を図ったポスターデザイン【株式会社カークエスト】

Gallery

今回、ポスターを制作した「スマートCIS」というシステムは、インターネット中古車情報システム「CIS」のスマートフォン版。スマートCISを利用することで、オークション会場に行かずとも、手元で出品車両の下見や相場チェック、セリなどができるという特長があります。しかし、元のシステムであるCIS(PCタイプ)が、日本最大規模の中古車オークション「USSオートオークション」の会員約8割に利用されているのに対し、スマートCISの認知度はまだまだ低いという課題がありました。

解決策として導き出した“コピー一発”

今回の制作以前にも、カークエストではスマートCISの特長を、スマートフォンの大きなビジュアルや文言で表現したポスターを掲出していました。しかし、期待どおりの効果は得られなかったとのこと。掲出場所であるオークション会場には似通ったポスターが多くスマートCISのポスターが目立たなかったことや、機能・特長を並べただけではオークション会場を行き交う人々の興味を引くアテンションとならなかったことなどが、仮説として考えられました。

そこから導き出したのが、“コピー一発”のデザイン。スマートCISを使用しているシーンをダイレクトに想起させる情景や、思わず足を止める突飛なビジュアルを用いたものも検討しましたが、最終的に、強烈なコピーがあることが「注目」と「メッセージの伝達」をスピード感を持って実現し、認知拡大という目的をもっとも効率的に果たせるのではないかと考えました。

“その気”にさせるコピーライティング

「はたらけ、スマホ。」「あなたのスマホさぼってませんか?」という一見変わったコピーは、「ん?どういうこと」という注目を促し、「なるほど、スマホを仕事に活かせていなかった」という気付きを与え、「スマートCISがあれば商談がスムーズに進むんじゃないか」と、“その気”にさせるまでのステップを熟慮したものです。これが、直接ユーザーに訴えかけるコピーや特長をダイレクトに伝えるコピーでは気づきのないものになってしまうでしょう。気づきがなければ、“その気”にもさせにくいものになってしまいます。今回は、CIS自体の圧倒的な認知度や商品力があって、このようなチャレンジングなコピーをつくり出すことができました。

周囲のポスターとはっきりと差別化を図ったデザイン

デザインで優先したのは、コピーが躍動感を持って目に飛び込むこと。文字間をぎりぎりまで詰め、各文字の上下位置をずらすなど、インパクトの強い文字組みを行いました。また、文字色と背景色のパターンも複数案検討。注意を喚起する黄色の背景に鮮やかな水色の文字を乗せた、ポップで目を引くデザインに仕上げています。結果、周囲のポスターとははっきりと差別化を図り、注目を集めるポスターとなりました。

Client:株式会社カークエスト

Service:ポスターデザイン

【株式会社カークエスト】日本最大規模の中古車オークション「USSオートオークション」の会員約8割が利用する中古車情報システム「CIS」を開発・運営。その他、小売支援サービスや部品購入支援サービスなど、中古車ビジネスに欠かせないサービスを幅広く展開している。