• HOME
  • WORKS
  • 直感的なナビゲーション&知的でダイナミックなデザインのコーポレートWebサイト【クララオンライン】

デザインと広告、WEBサイト制作の実績・事例

直感的なナビゲーション&知的でダイナミックなデザインのコーポレートWebサイト【クララオンライン】

ニーズとサービスを適切にマッチング “提案する”ナビゲーション

クララオンラインのサービスラインナップは、「ソリューション」「開発構築」「コンサルティング」「エグゼクティブサーチ」など多岐にわたります。またユーザーのエリアも日本国内での展開はもちろん、中国、台湾、韓国、シンガポールなどへの展開と、領域が幅広くまたそれぞれのニーズやソリューションもサービスのラインナップ以上に多岐にわたります。そこで、アートアンドサイエンスは、トップページでいかにユーザーとサービスのマッチングを成り立たせるか、ということにポイントを置きました。

まずツリー型の階層構造を極力避け、またページの遷移も出来る限り少なくしすることでクララオンラインのサービス全体を俯瞰しやすいサイト構成を設計。同時に、求めている情報へストレスなく直感的に移動でき、また潜在的なニーズをサイト側から掘り起こすような、機能的なナビゲーションを試行錯誤のうえ完成させました。

clara05_300

国や文化に限定されないニュートラルなグラフィック・デザイン

サービス項目には、それぞれ印象的なアイコンがデザインさせています。ITネットワーク/ビジネスコンサルティングという形の無いサービスだからこそ、ユーザーに導入後のメリットのイメージをしっかりと抱いていただきたい。そう考え、サービスの内容を理解し再解釈しながら、シンプルで洗練されたアイコンを数十個オリジナルで制作。専門的で時に複雑な情報説明となりがちな本文を印象的に補足することで、サービスそれぞれの特徴やポイントを明確化しています。

個別のサービスは、例えば、「ソリューション」カテゴリに含まれるもの、「中国」エリアに含まれるもの、など個別に属性を持っており、「カテゴリ」となるページはむしろその個別のサービス項目を収集してくる場所の役割。どんな導線からユーザーが訪れても、しっかりとそのユーザーにあったサービスがヌケ・モレなくまたダブることもなく伝えられるよう、複雑な構成をしっかりと整理して制作しています。

clara09_300

お客様事例&開発経緯のインタビュー取材・撮影を継続

アートアンドサイエンスは、リリース後のインタビューコンテンツの企画制作も手がけています。撮影時には、社内スタッフ、お客様、それぞれの対象に合わせた背景紙をご用意し、単なるインタビュースナップ写真に終わらない、ビジュアルで広告的なイメージ作りを実現しています。
インタビュー内容は、海外のライセンスアウト、中国でのインフラ構築など、時に専門的な内容が含まれるものの、クララオンラインの社風、プロジェクトの立ち上がりからの詳細な経緯、フィクションのようなドラマチックなエピソードなど、しっかりと時間を掛けて取材したからこそ得られる、貴重で興味深いお話しを中心に、再構築していますので、業界関係者はもちろん、ビジネス全般、アジア市場全般に興味関心の深い幅広いユーザーに訴求できるものと考えています。

なお、インタビュー記事はSEO対策の一環でもあります。適切な内部対策を施した結果、リニューアル・取材連載などの運用開始後、期待する検索キーワードでの上位表示・問い合わせ・PVなどいずれも劇的にアップしています。

clara21_300

展示会ブースデザインなどもご提案

ゲームショウに出展する際のブースデザインも手掛けました。ゲームショウといえば、派手な装飾や有名ゲームメーカーなどの出展も見ものですが、それだけに、小さなブースでも埋もれてしまわないよう、インパクトのあるデザインが欲しいところ。
クララオンラインは、ライセンスのマネジメントなどをご提供するBtoBサービスに特化した出展ということもあり、派手な仕掛けは行いませんでしたが、他のブースに負けない、印象的なデザインとコピーライティングをご提案しました。
当日は、海外進出・日本進出それぞれに高い期待を抱く企業から、その情熱的なメッセージによって熱い支持をいただきました。

exb_IMG_0069_300

Clint:クララオンライン

Site:http://www.clara.jp/

Service:Web制作、ブランド戦略、展示会ブースデザイン、他


【クララオンライン】東京・名古屋・北京・シンガポール・台北・ソウル・香港を拠点として、クラウドサービス、クラウド運用、インターネット・モバイル領域のコンサルティングサービスを提供。アジアNo.1のインターネットサービスプラットフォームカンパニーを目指して、各国・地域におけるサービス、特にクロスボーダー領域における取り組みに強みをもち、日本からアジア、海外から日本への双方向で、ビジネスとインフラの両面でお客様の事業展開を支援。