• HOME
  • プロモーション

プロモーション・広告制作会社のサービスメニュー

コミュニケーションをデザインする

企業や製品サービスの「存在価値」を再認識すること、そして市場や生活者の「インサイト」を把握することの二つの要素が、成果をもたらす広告・販促プロモーションには重要です。しかしそれだけでは「ありきたり」な範囲を越えられないのも事実です。人々に「伝わる」だけでなく、人々を「行動に駆り立てる」コミュニケーションを実現するためには、コミュニケーションの流れそのものをあらかじめデザインし、企業とユーザーそれぞれが関係性を再発見することができるようなクリエイティブが重要と考えます。

ブランディングや製品サービスの販促プロモーションをプランニングし実行する際、もはや当然のこととしていわゆる「トリプルメディア」の有機的な運用が必要不可欠です。企業のもつ自社メディア「オウンドメディア(OWNED MEDIA)」、広告としての「ペイドメディア(PAID MEDIA)」、第三者に信頼や評判といった情報を共有してもらう「アーンドメディア(EARNED MEDIA)」という「トリプルメディア」の効果的な活用がユーザーや社会に参加意識をもたらすインタラクティブなコミュニケーションを可能にすると考えます。


販促
販促プロモーションのコンセプト、クリエイティブ、メディアプランは、専門的でありながらも一体化して実行されるべきと考えます。
販促 詳細へ>>
広告
インパクトのあるクリエイティブで注意を引き起こせばユーザーからレスポンスが期待できるという手法は過去のものとなりました。
広告 詳細へ>>
PR
「信頼」がキーワードになりつつあるトリプルメディアのマネジメントを行う上で、有機的な情報展開が重要性を増しています。
PR 詳細へ>>

制作フロー

01クライアントヒアリング
お客様企業の概要、経営・営業戦略などをディスカッション形式で率直な「声」としてお伺いします。デプスインタビューなどのプロセスでイメージを掴みます。
02課題の設定
プロジェクトのゴールを達成するための課題はどこにあるのか。コミュニケーションの「目的」「ターゲット」「シーン」などを軸にお客様企業と共に設定します。
03調査と分析
競合・市場調査、そして必要に応じて消費者調査などを行います。ヒューリスティックな分析から、マーケティングデータに基づいた分析まで客観情報を整備します。
04 実行計画・メディアプラン
ヤマ場の作り方、メディアプランニングなどを複数の視点から計画します。予算を立案し、スタッフィングから実行フローまでトータルにディレクションします。
05クリエイティブ提案
コアとなるキーメッセージとクリエイティブデザインをご提案します。中期的な展開とメディアごとの最適化を含めてコミュニケーションの輪郭を明確化します。
06効果測定
露出頻度における広告費換算だけでなく、必要であれば消費者調査や専門会社のリサーチなどによって、好感度や認知度など次に繋がる定性的な調査を行います。

オプションサービス

撮影
写真撮影は企画やコンセプトによって求められる技術や経験が異なる表現手法です。スチルライフ(物撮り)、人物スナップ、ランドスケープ、建築物などそれぞれに専門的な表現力を発揮する写真家をディレクションします。
イラスト
イラストを効果的に扱ったデザインは人の想像力をかき立てる力を持っています。トーンとタッチがコンセプトと融合することで、表現に奥行きと独特の世界観が生まれ、オリジナリティの高い印象的な訴求を実現します。
翻訳
人に感性のレベルで情報を伝え、さらに人を行動にかりたてるコミュニケーションを求めるのであれば、翻訳にも積極的な意訳を成立させるクリエイティブなセンスが必要です。ネイティブによる“文章力のある”翻訳を提供します。
イベント展示会
展示会の出展から周年記念イベント、新製品サービスの記者発表、そして一般参加者を募るイベントの開催までトータルにコーディネイトいたします。企画、制作から運営、管理、スタッフの手配までワンストップでご提供します。
広報・PR業務の委託
PR戦略の立案と実施を中長期的視野で実行します。クリッピング、リリースの配信はもちろん、ブランドPR・マーケティングPRそれぞれについて 、“話題づくり”の実現までコミュニケーションパートナーとしてサポートします。
広告代理出稿
TV、新聞、ラジオ、雑誌、電車や屋外広告(OOH)はもちろん、インターネット広告、ソーシャルメディアをからめた広告出稿、検索連動型リスティング広告まで、メディアプランの企画と媒体出稿を総合的にマネジメントします。

サービス内容

販促
製品サービスが多様化し、生活者や市場のニーズも複雑化し、メディアも飛躍的に発達化した現代において、販促プロモーションのプランニング立案、クリエイティブ制作、メディア選定というタスクセクションは、それぞれが専門的でありながらも一体化して実行されるべきと考えます。
店頭プロモーションや広告キャンペーン、WEBのインタラクティブな活用など、販促・セールスプロモーションの施策は実に多様化しています。わたしたちはそのような幅広いメディアを「手段」として最適に活用するために、「目的」とそれにいたる道筋を明確化する「コミュニケーションの設計」フェーズを重要に考えています。マーケティング的なゴールをお客様企業と共有し、そのためのコミュニケーション的なゴールを検討します。「誰に」「どうなってもらう」ことをゴールとして目指すのか、その判断のための調査・分析・検証を綿密に行い、有力な仮説を構築した上で、他にはないユニークでクリエイティブなコミュニケーションをデザインします。
広告
インパクトのあるクリエイティブで興味、注意を引き起こせばそれなりにユーザーからレスポンスが期待できるという広告手法はすでに過去のものとなりました。ユーザーの関心をいかに持続させ、「出来事」として共有してもらうか、という「仕組み」が広告にもその制作やデザインの段階で求められています。
広告が、認知度向上やイメージアップに絶大な効果を発揮する手法であることはいまだ疑いがありません。しかし、現代の広告にはそれだけでなく、市場や生活者と継続的な関係を結ぶきっかけとしての役割が大きく期待されています。センスが良くインパクトの強いクリエイティブが市場や生活者に行動意識を与えるためには、広告という手法を、オウンドメディア(OWNED MEDIA)、アーンドメディア(EARNED MEDIA)と連携するトリプルメディアの一手法としてとらえ、「広告の前後左右」を立体的にデザインすることが重要です。広告メディアという豊かで夢のある手法のその輝きをよりいっそう魅力的にするために、これまでにない領域視野が求められています。
PR
TV・新聞・雑誌・ポータルサイトなどに取り上げられ、それがソーシャルなネットワークを通じて拡散していくこと。「信頼」がキーワードになりつつあるトリプルメディアのマネジメントを行う上で、有機的な情報展開が重要性を増しています。大切なのは、発信する情報の質と機会、そしてストーリー戦略なのです。
記者・マスコミ発表などのイベント先行型のPR活動はもちろん、新聞・通信社・雑誌・TV・WEBなど第三者的な媒体全般に、一定のストーリー性をもった情報が展開していくためのコミュニケーションプランをデザインします。報道調査・WEB調査・市場調査・消費者調査などにもとづいたファクトの収集調査と仮説検討をきめ細かく行い、ターゲットインサイト、ソーシャルインサイト、マスコミインサイトそれぞれに共有して関心が高い情報を開発します。企業が伝えたい情報を、マスコミが伝えたい情報に、さらに市場・生活者に届き動かす情報にするためにノウハウを提供します。広告費換算ではない、行動意識を変える成果をもとめて独自の取り組みを行います。