• HOME
  • WORKS
  • テーマとターゲットを絞った特集Webサイト【ジャック幼児教育研究所】

デザインと広告、WEBサイト制作の実績・事例

テーマとターゲットを絞った特集Webサイト【ジャック幼児教育研究所】

Gallery

父親に訴求するテーマを企画。オリジナルコンテンツの制作。

問い合わせや申し込みの意志決定にボトルネックとなる傾向の強い「父親」をターゲットに、より幅広く興味深い情報を伝えることで、理解を深めてもらう目的の特集Webサイト。「父親」にターゲットを絞ることで、本サイトや他の特集サイトと比べデザインのトーンを男性向けに特化して制作することが可能になっています。

またリスティング広告の「父親」向けランディングページとしても機能させ、「父親講座」申し込みのためのコンバージョンレートを最適化することに成功しました。

アンケート・取材・撮影など充実のコンテンツでコンバージョンを向上。

アンケートの実施と分析、取材インタビューとコンテンツ制作、そしてもちろんデザインとコーディング、すべてをトータルでプロデュースすることで、コンパクトながら一貫性のある特集サイトが実現しました。

インタビューによる体験記事は、想定する「父親」ユーザー層にも関心が高く、ページビューやリピート率の向上、直帰率や離脱率の低下に貢献しています。

読み物やデータソースとしてシェア活用されるためのデザイン。

「数字」で関心を訴求することを目指し、既存会員さまやセミナー参加者に大規模なアンケートを実施。潜在ユーザーや見込みユーザーの問題解決に貢献することで、認知を高めて貰うことができました。

デザインもそれにあわせてあえてグラフを多用、グラフそのものをアイキャッチになるキービジュアルとして、トップページもデザイン制作しています。

Client:ジャック幼児教育研究所

URL:http://www.jac-youjikyouiku.com/special01/

Service:コーポレートWebサイト、キャンペーンWebサイト、Webコンサルティング、撮影

【ジャック幼児教育研究所】1969年創立の幼児教育専門機関。難関小学校の受験合格者数において抜群の実績を誇る小学校・幼稚園受験対策校の雄。保護者参観型の授業や体操カリキュラムの充実などユニークな教育でも定評がある。インタビュー取材を行った大岡史直理事は「子どもはなぜ「跳び箱」を跳ばなければならないのか?(小学館)」などの著作でも知られる。