• HOME
  • WORKS
  • マウスで開花する桜と映像コンテンツの特集Webサイト【ジャック幼児教育研究所】

デザインと広告、WEBサイト制作の実績・事例

マウスで開花する桜と映像コンテンツの特集Webサイト【ジャック幼児教育研究所】

華やかさ楽しさ。桜のイラストを大胆に配置

伝統と実績で群を抜く、権威ある幼児教育の専門教育機関のコーポレートWebサイト。

小学校受験と幼稚園受験の合格発表時期にあわせ、特集キャンペーンサイトをデザイン制作しました。

メインのキービジュアルにもなっている満開の桜のイラストは、クリックで花が開くよう設計(CSS)されています。合格者のよろこびの声を体感性をもって伝えるちょっとした仕掛けです。

特集ならではのリッチなコンテンツとデザイン

特集Webサイトのメインコンテンツとして、2011年度の受験傾向の総括を、理事にインタビュー取材し映像収録しました。フラッシュ非対応環境のユーザーや音声が不要な状況を想定し、全文をテキストで書き起こしてありますので、クリックひとつで文字情報としても読むことができるようになっています。

Webサイトの企画、構成、デザインの企画、制作はもちろん、インタビュー映像の企画、制作、体験者のインタビューや写真撮影、またリスティング広告の運用など、アートアンドサイエンスがWebサイトのすべてをプロデュースしています。

華やかで品格あるデザイン、ユーザーに親しみをもってもらえる工夫、構成されたインタビューと映像の説得力、季節のキャンペーンWebサイトでありながら、特集の名にふさわしいリッチなコンテンツと注目度の高いデザインを目指しました。

Client:ジャック幼児教育研究所

URL:http://www.jac-youjikyouiku.com/special02/

Service:コーポレートWebサイト、キャンペーンWebサイト、Webコンサルティング、映像制作

【ジャック幼児教育研究所】1969年創立の幼児教育専門機関。難関小学校の受験合格者数において抜群の実績を誇る小学校・幼稚園受験対策校の雄。保護者参観型の授業や体操カリキュラムの充実などユニークな教育でも定評がある。インタビュー取材を行った大岡史直理事は「子どもはなぜ「跳び箱」を跳ばなければならないのか?(小学館)」などの著作でも知られる。