• HOME
  • WORKS
  • 次のステージを目指す企業のロゴデザイン:ロゴ・CIリニューアル

デザインと広告、WEBサイト制作の実績・事例

次のステージを目指す企業のロゴデザイン:ロゴ・CIリニューアル

業界でも長い社歴を誇るビジュアルリサーチは、事業拡大、大企業との取引増加にともない、時代性を感じさせる旧来のロゴの刷新を計画していました。アートアンドサイエンスが考えた新しいCI が目指すべきこと。それは1:企業の“格” をより高めるデザイン (トータルサービスを提供するスケール感と安定感、そして他社と比較したときの特別感)2:リーディングカンパニーとしての先進性 (変化の激しいIT 技術の世界で現実的なソリューションをいち早く確実に提供する適度な若々しさ) 3:サービスブランドとの有機的な連携・サービス哲学の統一 (企業の理念・思想をサービスブランドすべてに浸透させ価値を生み出す一体感を醸成)4:お客様+インナー(社員・採用希望者)の意識高揚 (社員や取引先を含むステークフォルダー全体に発信する新しいコアメッセージ) 5:ロゴが“変わる” ことの機会を最大限活用(新しいメッセージ) (ロゴを中心にWeb サイトやコーポレートツール一式を刷新し、企業の活力と大胆な革新をアピール) という5つのポイントでした。

最も安定性のある正三角形をモチーフにした先進感と信頼感あるデザイン

新ロゴデザインは、「正三角形のリボン(Regular Triangle Ribbon)」をモチーフにしています。それはVisual Researchの頭文字である「V」を象徴的に図案化したものです。正三角形という図形の持つ、完全、強度、安定、鋭利という意味を、ビジュアルリサーチのサービスそして企業理念に重ね合わせて図案化しています。 三つの辺は、それぞれが、不動産会社、所有者(オーナー)、顧客という関係を明示しており、その結びつきを強める中心的存在としてビジュアルリサーチが活動していくことを表しています。 同時に、管理、仲介、売買において、総合的なサービスを提供していくという、ビジュアルリサーチが約束する顧客への提供価値を表現しています。 使用カラーは、正統でフォーマルな権威を表すネイビーブルーと、情熱的で解決力のあるダークレッド、先進的で若々しいスカイブルーを基調としており、それら三つが称号のように重ね合わさることで、自信と信頼を掲げ誠実に社会的責任を全うする企業の決意を表明しています。

ブランドイメージを継続的にするためのロゴマニュアル

ロゴのデザインだけでなく、ロゴを中心としたCI計画全般をご提供。誰がどのようにロゴを使用しても、イメージが崩れることのないよう詳細なマニュアルを制作し運用からアドバイザリーしています。

ロゴのレイアウト規定、色味の規定はもちろん、一緒に使用する色彩の推奨、使用するフォントの推奨、そして名刺、社員証、封筒、ファックス送信表からレターヘッド、パワーポイントのテンプレートにいたるまで、コーポレートアイデンティティに関わるすべての機会を丁寧に計画しています。

パワーポイントのテンプレートの制作

ロゴだけがデザインされていても、その使用のされかたが適切でないと、十分に効果が発揮できないと考えるアートアンドサイエンスは、最も印象的な場面である企業のプレゼンテーションのシーンで、ロゴが効果的な印象を与えるためのパワーポイントのテンプレートまでデザインします。ロゴマニュアルに完成はありません。今後も、ロゴを企業の理念の中心として考え、必要に応じてブラッシュアップ、バージョンアップしていきます。

サービスブランドのロゴデザインも整備

これまで散漫になりがちだったサービスブランドのネーミングやカラートーンなどもこの機会に整備。ロゴのモチーフをモディファイしたサービスブランドロゴを策定し、色彩計画も同時に行いました。またこれらロゴと色彩計画に基づいて、Webサイト、サービスパンフレットなど、あらゆるコミュニケーションのシーンで、分かりやすく、ブランド価値を高める機能を持たせるよう、継続的にVIのマネジメントを実行しています。

まずはオフィス空間のサインを刷新。CIの思想を隅々にまで。

ロゴマニュアルの規定に基づいて、オフィス空間のサインや看板、そのほか展示会用のブースなど、次々にコミュニケーションの統一が進んでいます。ロゴの刷新、CIの整備は、あらゆるステークフォルダーに期待と信頼をもたらす、そしてもちろん社内意識を高揚させるものでなくてはなりません。ロゴデザインという中長期的なプロジェクトにおいて、あらゆるメディア、空間デザイン、コーポレートツール制作を積極的にサポートしていきます。

コーポレートWebサイトもリニューアルデザインして制作しました

ロゴデザイン、サービスブランドの整備などに続き、企業のブランドイメージを中期的に刷新するプロジェクトが進行中です。主要商品となるi-SPに続き、売買仲介業務支援システムのi-DNを発表。さらに6月にリリースとなる賃貸仲介システムi-CMの発表を控え、新サービスブランド「iシリーズ」への集客と企業ブランドイメージ向上を目的としたコーポレートWebサイトのフルリニューアルを行いました。

Webサイトのデザイン制作についてはこちらも合わせてごらんください

不動産業専門ITソリューション企業のコーポレートサイトリニューアル:

https://www.artandscience.jp/works/archives/4576

Client:株式会社ビジュアルリサーチ
URL:http://www.visual-w.co.jp/
Service:ロゴデザイン、CIマニュアル

【ビジュアルリサーチ】不動産会社向けシステムサービスのパイオニアとして、トップシェアを誇るITトータルソリューション企業。賃貸管理、仲介管理、売買管理の全領域、また全国に拠点を構える幅広いネットワークで、不動産業界のインフラ構築の中心的存在。