• HOME
  • WORKS
  • 綿密な撮影&CGで近未来社会をドラマ仕立に描く映像を制作【富士通株式会社】

デザインと広告、WEBサイト制作の実績・事例

綿密な撮影&CGで近未来社会をドラマ仕立に描く映像を制作【富士通株式会社】

5年後の未来を描く構想

富士通様の描く近未来の金融ソリューションの姿を撮影とCGを駆使した映像で描いています。撮影日数延べ4日間、編集に2ヶ月を要する、本格的なプロモーション映像となりました。実際の社屋をロケーション場所として撮影したシークエンスは、CG合成を前提にした編集のため、綿密に立ち位置やタイミングを合わせて撮影しています。また、ロケセットスタジオにて撮影したシークエンスでは、ユーザーインターフェイスのデザインや動きをあらかじめ想定し、手元やモニター越しの会話シーンを撮影しています。

ドラマ仕立てで追う日常のひとこま

ライフスタイルの多様化、サービス・商品の多様化、デバイス・チャネルの多様化を迎え、「選ばれる金融機関・金融商品」になるためには、最適なターゲットに最適な機会でサービスを訴求することが重要です。そこで、富士通様では「ヒューマンセントリック」な金融のプラットフォーム構築を目指し、機能や商品サービス目線の金融サービスから、ユーザーのライフスタイルや目的に合わせた金融サービスの提供を目指し、様々な構想の実現を図っています。

映像のシナリオは、「人間の1日の活動」を中心にして様々なシーンで触れられるソリューションをストーリー化しています。真に便利で快適なサービスのあるべき姿を、なにげない日常の中で物語っています。

入念な撮影と綿密なCG合成

五年後の未来のイメージ。自宅や職場、街のあらゆるところで金融サービスが受けられることになるイメージを、様々なシチュエーションで表現しています。職場やカフェなど、いたるところで金融サービスが受けられるようになる様子を実写で撮影し、デバイスのインターフェイスをCG合成でゼロからつくりこんでデザインしました。

シナリオの構成はもちろんですが、近未来という抽象的な世界観を成立させるためのトーンなど、綿密な映像ディレクションを行って実現したムービーとなっています。

Client:富士通株式会社


Service:映像 動画 制作 / 撮影 編集 / CG アニメーション

【富士通株式会社】日本を代表する総合エレクトロ二クスメーカーであり、世界的なトータルITベンダー。通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスを提供。金融チャネルソリューションの分野でも高いシェアを誇る。