• 【コンテンツ制作】昭文社Webサイトコラム記事にてタイ・台湾.verの制作
  • デザイン会社アートアンドサイエンスからのお知らせ

    【コンテンツ制作】昭文社Webサイトコラム記事にてタイ・台湾.verの制作

    アジアのSNS普及率の高さに驚嘆! 

    昭文社のネイティブスタッフによるコラムの新シリーズ(https://www.artandscience.jp/info/archives/2461)ですが、コーポレートサイトでの公開後、さらに昭文社の旅アプリ「DiGJAPAN」のランディングページにて、タイ語版と台湾(中国語簡体字)版をリリースしました。昭文社スタッフのファンさん(タイ)とソウさん(台湾)のお力を借りながら日本語原稿を各国語に翻訳するだけでなく、掲載写真や構成などを各国の趣味嗜好に合うよう、細かなあしらいにもこだわって再構成しています。

    リリースするやいなや、FacebookとTwitterでの反響は日本語版以上! アジア圏でのSNS普及率の高さを目の当たりにしたのでした。※昭文社が運営するFacebookページは、日本語版が約94,000なのに対して、タイ 版が約320,000以上、台湾版が約390,000(2017年7月現在)。

    honyaku_01

    honyaku_02

     

    honyaku_03

    honyaku_04

    ■観光客目線で選ぶイチオシはこれ! アジアで流行るニッポン・アイテムランキング
    台湾:http://www.mapple.co.jp/digjapan/tw/column/nippon-goods.php#main
    タイ:http://www.mapple.co.jp/digjapan/th/column/nippon-goods.php#main

    ■ファン&ソウの「これは通だね♪」ニッポン観光【鎌倉&横浜編】
    台湾:http://www.mapple.co.jp/digjapan/tw/column/nippon-kamakura.php#main
    タイ:http://www.mapple.co.jp/digjapan/th/column/nippon-kamakura.php#main

    【昭文社Webサイト|コラム記事】
    アートアンドサイエンスは、昭文社のコーポレートサイトのリニューアルデザインを手掛けて以来、その後の運用もご支援しています。特に、年間30本近い本数を作成しているオリジナルの読み物記事コンテンツは、毎月お客様を交えた編集会議を行い、出版計画や季節要因を共有しながら、インタビュー、ワークショップ、オリジナルレポート、映像など、バライティー豊かな内容をご提供しています。

    アートアンドサイエンスは、企業のWebサイトをより価値ある情報メディアとするため、またSEO対策やユーザー再訪施策の有効な一環として、オリジナルコンテンツの企画制作サービスをより充実していく予定です。コーポレートサイトをもっと活発化させたい、メディアとしての存在感を出したい、コンテンツの充実による健全なSEOを行いたい、というお客様はぜひ一度ご相談ください。

    • WORKS
    • COLUMNS
    • CONTACT
    • ABOUT