広告やデザイン、クリエイティブの情報コラム

特集記事

没後90年 萬鐵五郎展@神奈川県立近代美術館 葉山【展覧会紹介】

岩手県の小さな町、土沢で育まれた前衛画家「マンテツさん」の画業をたどる展覧会。没後90年を記念して開催される、国内で20年ぶりとなる大規模な回顧展です。日本画、南画、水墨画などの作品群を通してモダニズムの探究に果敢に試みた軌跡に感じ入るひと時。

特集記事

絵巻マニア列伝@サントリー美術館(六本木開館10周年記念展)【展覧会紹介】

「マニア」「総合プロデューサー」「コレクター」。これ全部、日本の中世の話です。しかもテーマは「絵巻」。絵画を超えた日本独自のエンタテインメント表現「絵巻」に入れ込んだ中世以来のマニアたち。その荒い息づかいが聞こえてくる熱量の高い展覧会。

特集記事

『並河靖之七宝 明治七宝の誘惑――透明な黒の感性』【展覧会紹介】

明治時代に突如として現れた七宝界の革命児、並河靖之。江戸時代の「泥七宝」を「透明な黒」へと洗練させた衝撃のベンチャー・プロダクトは、ジャポニズムの流行に乗って海外では大絶賛。ニューウェイヴはいつの時代も逆輸入。悲しいような、誇らしいような。

特集記事

特別展 春日大社――千年の秘宝【展覧会紹介】

1,200年前、春日大社の開祖が、今の茨城から鹿に乗って奈良に降臨したという史実。その鹿が、今も奈良公園を闊歩する鹿の先祖だという伝説。神の使いとあがめられた鹿をモチーフとした絵画や彫刻をはじめとする豪奢な宝物の数々に、今なお鮮やかな奈良王朝の栄華。

特集記事

世界に挑んだ7年――小田野直武と秋田蘭画@サントリー美術館【展覧会紹介】

この展観に並べられたどこか奇妙でアンバランスな作品の内奥に、科学と芸術と武士道のありようと、さらにそれらの相克に悩む若者の像を見ることもできるでしょう。

特集記事

浮世絵から写真へ――視覚の文明開化@東京都江戸東京博物館【展覧会紹介】

創意工夫か切迫感かそれとも渇望か。明治という時代のキメラ的特性が、そのまま形を成したような技術と作品。それがまさに浮世絵から写真へと至る視覚の文明開化なるものなのかもしれません。

特集記事

画鬼暁斎―幕末明治のスター絵師と弟子コンドル@三菱一号館美術館【展覧会紹介】

「すっかり忘れ去られた存在となっていた異常なまでに能力があった日本画家」と「急速に時代遅れとなる運命にあったジャポニズムに惚れ込んだイギリスの建築家」の美しき出会い。いま甦る異人たちの足跡を二人の縁の地にて触れられる幸福。

特集記事

『日本国宝展』@東京国立博物館【展覧会紹介】

戦後より3回、1960年(高度経済成長期)、1990年(バブル経済期)、2000年(IT景気)と時代のイケイケムードな気分に呼応するように、開催されてきた「日本国宝展」。しかし、このたびの「国宝展」は少し趣が違うようです。

特集記事

『種村季弘の眼 迷宮の美術家たち』@板橋区立美術館【展覧会紹介】

種村季弘。彼の視線から紡ぎだされるのは奇妙なもの・ナンセンスなものを愛し、そしてそれでもって戦前から戦後70年代までのモダンアートをひとつなぎに語ってみせる独特の感覚でした。アートファンなら誰もが待望した展覧会。必見です。

特集記事

『戦後日本住宅伝説――挑発する家・内省する家』@埼玉県立近代美術館【展覧会紹介】

戦前から現在へと至る変遷を建築家の視点で振り返る。美術館という建築物の内部で”建築”を展示することを試みる、今一番ホットandクールな展覧会。

特集記事

「《終わりなきパリ》、そしてポエジー:アルベルト・ジャコメッティとパリの版画」展@東京大学駒場美術博物館【展覧会紹介】

都市が持つ生命力をまざまざと体験することができる、都市空間の想像力とその不可思議さを大胆に詰め込んだ展覧会。

特集記事

『開館25周年記念 魅惑のニッポン木版画』@横浜美術館【展覧会紹介】

「木版」というメディアを通して、鑑賞者を日本文化の多様なあり方、そして現代の私たちにもなお息づく表現の伝統と創造のるつぼへ招き入れんとする意欲的展覧会。

特集記事

『生誕100年! 植田正治のつくりかた』@東京ステーションギャラリー【展覧会紹介】

「孤高の」と言うにはあまりにも優しい眼差し、皮肉からはほど遠い素朴なユーモア。生誕100年を迎える植田正治の「砂丘の写真家」という固定されたイメージを解き放つ展覧会。

特集記事

お寿司から見る、ローカライズの難しさ – vol.06 (全12回)

「千鳥足インターネット」の連載6回目。翻訳で発生するズレは、元の語に翻訳しても直らずに、むしろズレが増幅していく…。多分、キュウリの漬け物から塩っ気を抜いてももとのキュウリには戻らない、ということなんだと思います。多分…。

テクノロジー 特集記事

焼き鳥とWEB用語の共通点 – vol.05 (全12回)

ユニークユーザー、トラフィックなどなどWebサイトのアクセス解析で使用される単語は確かに独特。なんだかそれを喋っているだけで、ちょっと“分かってる”雰囲気が醸し出せるような気もします。。でも、大切なのは、そのネタの料理の仕方。焼き鳥もWebも手さばきの丁寧さで味が変わりますね!

テクノロジー 特集記事

品川とYahoo!の路地裏 – vol.04 (全12回)

先日プロバイダ、ポータルサイトのBIGLOBEの売却のニュースがありましたが、日本のネットサービス業界もスマホ時代を迎えてかなり様変わりしてきましたね。さて、そんな激しい環境の変化があっても、黎明期からずっと中心的なメディア、サービスとして君臨するYahoo!。今回はその裾野の広さをあらためて感じる酔いどれコラムです。

テクノロジー 特集記事

『牛腸茂雄展 第二部「こども」』@MEM【展覧会紹介】

36年という短くも凝縮された生涯の中で、牛腸茂雄という写真家が遺した眼差しを見つめ直す作品展の開催にあたって。彼が撮ったこどもの写真と、その背後にあったであろう、彼の人間的な熱い羨望について。

特集記事

アフリカの料理とWEBデザイン – vol.03 (全12回)

インターネットの登場によって世界はより狭く、身近になったように思いますが、実際のところ欧米のWebサイト以外については詳しく知らないのも事実。特にアフリカとなると、まったく想像もつきません。で、気になったので覗いてみましたアフリカのWebデザイン会社。果たして、、!

特集記事

豚レバ刺しと2ちゃんねる – vol.02 (全12回)

ネットリテラシーの「責任」ってなかなか難しい問題ですよね。SNSをはじめますます身近になっていくインターネットは私たちの「モラル」をどう変えていくのでしょうか。なーんて難しいハナシはさておき「千鳥足インターネット」の連載2回目、グビッとはじまりはじまり!

テクノロジー 特集記事

千鳥足インターネット – vol.01 (全12回)

人気イラスト付きブログ「着ぐるみ追い剥ぎペンギン」のナカシマ氏の連載がアートアンドサイエンスのWebサイトでスタート! クリエイターのためのちょっとした息抜き記事や、デザイン・Webテクノロジー系の鋭い考察を掲載! あっ、でも多分99%は息抜きです。よろしく!

テクノロジー 特集記事

『堂島リバービエンナーレ2013』@ 堂島リバーフォーラム【展覧会紹介】

注目の芸術祭『堂島リバービエンナーレ2013』のテーマは「Little Water」。小規模でありながら、テーマである水の多様性や美しさを伝えるにふさわしい見事なキュレーションと、作品同士をゆるやかにつなぐ空間デザインが素晴らしい、とても興味深い展示でした。

特集記事

『デザインあ展』@21_21 DESIGN SIGHT【展覧会紹介】

テレビの「デザインあ」の世界をそのまま再現したかのような展覧会。こどもから大人まで楽しめて、そしてためになる。毎日の暮らしに“デザイン的思考”をもたらしてくれる素晴らしい展示でした。

特集記事

『椿会展 2013 -初心-』@ 資生堂ギャラリー【展覧会紹介】

第七次を迎えた資生堂ギャラリーの椿会展。世代や性別の違う5名のアーティストが、「初心」という共通テーマのもと、向こう5年にわたり年に1度の展示を行います。その第1回は、作家の「初心」と芸術表現の「初心」を同時に感じる展示でした。

特集記事

『路上と観察をめぐる表現史 考現学以後』展@広島市現代美術館【展覧会紹介】

インプットとしての「観察」行為とアウトプットとしてのその分析行為をめぐる、考現学以降の実践を考える展覧会。連綿と続く「観察」という行為の流れが、その名手たちによる作品を通して示されます。

本の紹介 特集記事

『JR展 世界はアートで変わっていく』@ ワタリウム美術館【展覧会紹介】

今、世界で最も注目されているアーティストの一人・JR。彼の活動を一堂に紹介する展示としては世界初となる本展。壁を覆い尽くすポートレートにはじまり、展覧会そのものが一つの大きな作品に思えました。

特集記事

『アーティスト・ファイル2013―現代の作家たち』@ 国立新美術館【展覧会紹介】

5回目を迎えた、今注目の最新アートを紹介する展覧会。年代も作品形態も多様な、現代の作家8名による個展形式の展示は、それぞれに力強く、意味よりも存在感で圧倒されるものでした。

特集記事

『維新の洋画家 川村清雄』展@東京都江戸東京博物館【展覧会紹介】

「忘れられた天才」という、まことに魅力的な惹句を付されて再発見されるような存在には、いつもわくわくさせられます。伊藤若冲の活動期に遅れること百数十年、川村清雄の画業とその評価も、同じような軌跡を辿っているように感じられます。

特集記事

『古道具その行き先 坂田和實の40年』展@渋谷区立松濤美術館【展覧会紹介】

「古道具」は現代の芸術とまともに対峙し得るか? 1973年から東京・目白で古道具店を続ける坂田和實の、独自の美意識によって選出された数々のものたちが集まる展覧会を紹介。図録は有山達也がデザイン、ホンマタカシが写真を担当。

本の紹介 特集記事

地域活性プロジェクトを読む・その2「あきたびじょんプロジェクト」

グラフィック・デザイナーの梅原真さんや写真家の浅田政志さんらが関わる「あきたびじょんプロジェクト」。自治体が主導する地域活性(観光客誘致やイメージアップ含めて)のためのユニークでチャレンジングな取り組みをご紹介。

特集記事 ニッポンツツウラウラ

「田中一光とデザインの前後左右」@21_21 DESIGN SIGHT【展覧会紹介】

没後10年、日本を代表するグラフィックデザイナー・田中一光さんの創作の軌跡をたどる企画展のご紹介。グラフィックデザイン作品を中心に、映像や図版など膨大な数の作品や資料が展示されていました。

本の紹介 特集記事

『琵琶湖をめぐる 近江路の神と仏 名宝展』@三井記念美術館【展覧会紹介】

近江、という古い国名を小さくつぶやくだけで、胸の中があわあわとやわらかな光で満たされるような思いがする――と言ったのは誰だったでしょうか。三井記念美術館の“ちょっと一休み”な展覧会をご紹介。

特集記事 ニッポンツツウラウラ

地域活性プロジェクトを読む・その1「84(はちよん)プロジェクト」

高知県のグラフィック・デザイナー梅原真さんが中心となり、高知県の森林率84%という数字をそのまま前面に出して森林に関するさまざまな価値を創っていこうと2009年に始められた試み。

特集記事 ニッポンツツウラウラ

『「具体」――ニッポンの前衛 18年の軌跡』展@国立新美術館【展覧会紹介】

この素朴にパラドックスめいた名称は、「具体」という前衛美術グループにつきまとう数々の不思議な逆説を、もっともわかりやすい形で最初に提示しているのかもしれません。

特集記事

『仲條正義展:忘れちゃってEASY思い出してCRAZY』@資生堂ギャラリー【展覧会紹介】

「グラフィックはきれいに作るともたない。とことん突き詰めて作りながら、素直に完成した時はあえて壊してみる。壊れ方が新しいセンスになることもある」日本グラフィックデザイン界の巨匠が描く感じるグラフィックをぜひ。

本の紹介 特集記事

「日本のグラフィックデザイン2012」 @東京ミッドタウン・デザインハブ

DESIGN HUB 第34回企画展「日本のグラフィックデザイン2012」展覧会と書籍のご紹介。“全体の入選作品の印象としては、ここ数年の流れというか「軽く、ゆるく、明るく、やさしく」といった種のデザインが多かったように思います”

本の紹介 特集記事

『奇っ怪紳士! 怪獣博士! 大伴昌司の大図解』展@弥生美術館【展覧会紹介】

怪奇と幻想の記憶、いまだ悪夢にうなされる少年たち! そしてときにバラ色に彩られた未来! すべてはここから始まった。これがニッポンカルチャーの原点であり創造の源泉たるトラウマなのだ!

特集記事

『ボストン美術館 日本美術の至宝』展@東京国立博物館【展覧会紹介】

「この展覧会は日本美術というものが真に歴史の現場を伴って私たちに訴えてくる感動を備えたなにものかであることをひしひしと再確認させるものであり、そしてそこに並ぶひとつひとつの作品の前に立つ折の感動は、等しくあの三人が百年前に感じたものに違いないのです。」

特集記事

『生誕100年 ジャクソン・ポロック展』『原弘と東京国立近代美術館 デザインワークを通して見えてくるもの』@東京国立近代美術館【展覧会紹介】

栄光と葛藤の、ジャクソン・ポロック。同じ50年代、迷いのない充実したデザイン・ワークを展開した、原弘。いまも光り輝く巨匠たちの交わることのない地平線の間に広がる、クリエイティブの宇宙。

特集記事

【雑記】今和次郎から憧れのクリエーターを巡ってトマトタンメンまで!?

情報伝達のための純粋な技術としてのデザインは、それでも、創意工夫という人間がのがれることができないバイアス=クリエイティビティによって独特のかたちをなすというあたりまえの気づき。

特集記事

『その森の子供』ホンマタカシ

この展覧会のキノコたちについての情報は、一応のところ「出展作品が撮影された森は、高い放射線量が検出されたため野生のきのこを食べることが禁じられた場所だという」

本の紹介 特集記事

『すべての僕が沸騰する 村山知義の宇宙』展@神奈川県立美術館 葉山【展覧会紹介】

20世紀の始まりとともに生を受け、全人生を賭けて多分野で異才を放った村山知義。混沌とする世界にあって、さらに混沌を突き詰めることで突破を図るその破天荒ぶりと底流する叙情をさぐる。

特集記事

『今和次郎 採集講義』展@パナソニック 汐留ミュージアム【展覧会紹介】

「科学的思考」と「芸術的感性」というコンセプトを標榜する当社にとって高く見上げる先駆者といえる今和次郎。現代の「生活者主体」のコミュニケーションを先取りしたともいえる偉業をご紹介。

特集記事

『渋谷ユートピア 1900-1945』@渋谷区立松濤美術館【展覧会紹介】

80-90年代にサブカルチャーの中心地となり、副都心線やヒカリエの開業を機にいま再び脚光を浴びる「渋谷」。その魅力の源泉をひもとく展覧会をご紹介。

特集記事

『杉浦康平・脈動する本:デザインの手法と哲学』@武蔵野美術大学美術館【展覧会紹介】

テキストという魂が「本」という肉体を得て立ち現れるような杉浦康平のブックデザイン。その全体像を把握できる日本初の展覧会。

特集記事

『メタボリズムの未来都市展』@森美術館【展覧会紹介】

戦後日本で独自に展開され世界的な影響を与えた建築運動「メタボリズム」。建築領域のみならず戦後社会をまるごと問い直す必見の展覧会。

特集記事

イデビアンクルー『出合頭』@川崎市アートセンター【演劇紹介】

とても“楽しい”ダンスのなかに、なぜかなにか問いかけるようなものがあるイデビアンクルー。いつになく、“シリアス”な印象をもった最新作についての感想と思いつきをいくつか。

特集記事

工藤青石展「形と色と構造の感情」@ggg

ggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)で今月28日まで開催中。一階と地下に分断された展示空間の制約が見事に活かされて、地上と地下の往復にこそコンセプトを感じられる展覧会。

クリエイティブ 特集記事