• HOME
  • COLUMNS
  • iPad mini retina Life(2)子ども用の知育アプリでおとなの再勉強!

広告やデザイン、クリエイティブの情報コラム

テクノロジー

iPad mini retina Life(2)子ども用の知育アプリでおとなの再勉強!

「よくわかる◯◯県」というのが流行ってるらしいです!

うん、本当によくわかる~!

これはちょっとネタに走り過ぎ?かもしれませんが、

こういう“ざっくり”とした地図(地理情報とか雑学含め)を覚えるのって楽しい!

子どもの頃は地理の授業好きじゃなかったはずなのに?!なぜかわくわくしてしまう不思議!

そこで今回は、

私が愛用している「アメリカの子どもが地理をお勉強するためのアプリ」が とってもおもしろい!&わかりやすい!なので、いくつかご紹介しようと思います!

 

※下記すべて英語のアプリになります。 英語の勉強も兼ねて…ということでご了承ください!

 



 

▼ U.S. Geography
開発: MindSnacks

様々なミニゲームでアメリカの地理について学べるアプリ。

 usg2

 

◆ミニゲームの種類

04 01
BELLY CHATTERBOX

お題の州の形 or 旗を4択から選び、カエルに食べさせるゲーム。ウィスコンシン州の形、どれだかわかりますか?

その州に関する3つのヒントから州の名前を答えます。イエローキャブに、エンパイアステートビルとくれば…?

02 03
DART-A-MAP POUNCE

お題の州やランドマークの正確な位置をマップ上でタップして答えます。写真付きのヒントもあり!正解の場所に近ければ近いほど得点が高くなります。河や湖が難しい!

文章の虫食い問題。何種類かの答えを持った猫がぴょこぴょこ現れるので、それをタップして答えます。自由の女神は〇〇にあります!

05
SWELL  などなど

州都がどこか2択で答えます。時間内に答えないと水位が下がってこのカワイイお魚ちゃんが死んじゃいます!州のニックネームを当てるバージョンもあり。オハイオ州の州都はどっち?

 レベルアップでアンロックされるミニゲームも!

 

◆そのほかの特徴

profile quests
PROFILE QUEST

いつでも自分のレベルやスキルを確認出来ます。 ミニゲームをクリアするとXPが貯まって、それによってレベルアップ!レベルアップのたびに謎の卵の殻が割れて行き最後には…なにか生まれる???ようです。それを楽しみにレベル上げ!各スキルの達成度も円グラフで表示されるのでわかりやすい。

クエストは他のゲームで言う実績やトロフィーみたいなものです。 クエストをクリアするとステッカーがもらえます!カワイイ!

preview atlas
REVIEW ATLAS

ゲームの問題が難しすぎて全然分からない! そんなときはレビューページで予習・復習することが出来ます。 各州ごとに様々な情報がまとめられているので、ちょっとした調べものにも使えます。

ざっくりしたイラストの地図が見れます。 州と州都、主要なランドフォームが確認できます。

 

▼公式ムービーはコチラ

 



 

▼ Geography Drive USA™
開発: Spinlight Studio

アメリカ全土を車でドライブしながらアメリカの地理を学べるゲーム。 (ガス欠になったらゲームオーバー!)

 gr

 

quiz listn

現在地に関する4択クイズが3問出題され、正解すると次の州へ進めます。各問題毎に5ドルもらえるので、そのお金を貯めれば燃料などを買うことが出来ます。

燃料も場所当てクイズに正解しないと入れてもらえない! 音声問題が流れるので、その答えとなる場所をマップから選びます。音声はリピート再生可能です。

corn map

その州のご当地名物を指定の州へ運ぶとボーナスがもらえるイベントがワクワク! 例:インディアナ州からご当地名物のコーンをウエストヴァージニア州へ運べば75ドルゲット!

どちらの州に進むかは自由に選択出来ます。

vc recol

難しいクイズも出るので、ビジターセンターで各州の情報をよく読んでからプレイしましょう!

車をペイントしたり、新しい車を購入したりもできます!

 

▼公式ムービーはコチラ

 



 

▼ State Bingo and Road Trip US
開発: Niyaa LLC

州ビンゴとドライブの2つのゲームでアメリカの地理を学べるゲーム。

 sb

 

bingo dr

州ビンゴは、ビンゴの数字が州になっているだけ!
州に関するクイズが出題されるので、その答えをビンゴカードの中から選択。
正解するとそのマスが☆になるので、縦横斜めを揃えればビンゴ!

ドライブの方はGeography Drive USA™と似てますが、 こちらはゴールが設定されているので、その州に向かって進んで行きます。 その州に関するクイズに1問正解すると隣の州へ移動出来ます。 こちらの方がマップ上のイラスト(ご当地名物やランドマークなど)が豊富なので、各州についてイメージしやすいです。

 

▼公式ムービーはコチラ

 

 

いかがでしたか?

学生時代勉強不足だったわたしにとっては、いきなり難しい本を読むのはちょっと…ということで、

デザインもイラストもとっても可愛くて、気軽に楽しくゲーム感覚で知識を増やせる子ども用の知育アプリはぴったりでした。

こんな知育アプリで学べる現代の子どもたちが本当にうらやましいですね!

また、これから知育アプリやご当地アプリ、ちょっと変わった地図アプリを作りたいという方のインスピレーションになればうれしいです!

 

 

今日のひとこと: アメリカの地理を勉強すれば、ハリウッド映画や海外ドラマがさらに楽しめるようになるよ!