• HOME
  • COLUMNS
  • 地域活性プロジェクトを読む・その5「モノマチ」

広告やデザイン、クリエイティブの情報コラム

ニッポンツツウラウラ

地域活性プロジェクトを読む・その5「モノマチ」

例年4、5月は全国各地で陶器市が開催され、それぞれに盛り上がりをみせています。今回は、2013年5月24、25、26日の開催で4回目を迎える、業種の垣根を越えたモノづくりイベント「モノマチ」についてご紹介します。

モノマチとは?
25モノマチは、モノづくりの企業や職人、新しいクリエイターが集まる東京都台東区南部・徒蔵(カチクラ)エリアを、日本1のモノづくりのマチとしてアピールするイベントのことです。具体的なエリアは、御徒町、東上野、台東、元浅草、小島、三筋、寿、浅草橋、柳橋、蔵前。最西端である御徒町と最東端である蔵前から一文字ずつとって、徒蔵と呼ばれており、昔から革小物や木工、金工、紙製品、ジュエリーなどをつくる職人の町として盛り上がりをみせてきた地域なのです。

イベントの発端は、地元でモノづくりをしている人たちが、自分たちのマチをもっと元気にしたいと思ったことがきっかけ。行政によるマチ起こしではなく、ほどんどが地元発信の自主企画・自主運営。純粋にやりたい人が参加しているマチ起こしのため、非常に熱をもったイベントで第1回(2011年5月)は2日間で延べ1万人の来場者を記録しています。第2回(2011年9月)に続く、第3回(2012年5月)は延べ6万人と約6倍の来場者へと跳ね上がっています。併せて、企業やショップ、職人、クリエイター、飲食店などの参加も増加。まもなく迎える第4回(2013年5月)は、第3回の220組を大幅に上回る350組以上とイベントとして大きく成長を遂げています。

たった3年で、参加店が350組にも増加した理由とは?
このイベントは、なぜここまで急速に盛り上がりをみせることができたのでしょうか。参加店が増えた理由として挙げられるのは、主催者がこのエリアで実際にモノづくりをしている人ということが考えられます。同じ立場でフラットに会話できるだけではなく、彼らは地元で頻繁に交流イベントを行っており日々深いつながりを構築しているのです。それは、「○○(企業名、ブランド名、店名など)」の▲▲さんと言えば、すぐに顔が浮かぶほどの親密なコミュニティを。蔵前エリアに至っては、毎月1回モノづくりイベントを行っており、地域の絆とイベントへの意識の高さが着実に育てられています。また新しく参加する人への丁寧な説明も欠かさず、何度も説明会や交流会を行い、わからないことを聞きやすい環境を醸成しています。

2つ目に挙げられるのは、エリア内にあるファッションデザイン関連創業支援施設「台東デザイナーズビレッジ(以下、デザビレ)」の存在でしょう。ここは、2004年に設立した旧・小島小学校を活用したファッション分野での起業をめざすデザイナーを支援する施設。若手デザイナーがアトリエや展示スペースとして活用したり、マーケティングアドバイスを受けたり、地元産業・流通・マスコミなど様々なつながりを構築することに役立てられています。ここから巣立ったブランドの多くは、カチクラにアトリエを構えるという流れができており、常にマチが活性化され続けています。しかも、ここに入居する若者は全国紙で紹介されるほどレベルが高く、入居者同士はもちろん、カチクラに住むモノづくり系の人々にも刺激を与える存在。そんなマチの人たちと強いネットワークをもつ若手の彼らも、60代の老舗企業の人たちとともに、モノマチ実行委員会のメンバーとなり活発に意見しています。そうすることで、幅広い年齢や業種の人たちにモノマチに対する敷居が下がり、気軽に参加できる循環ができあがっているのでしょう。

もちろん、企業などは参加することによって一般客の増加はもちろん、百貨店のバイヤー、仕入・企画担当者等の来場が増え、実際にビジネスにつながっているといいます。イベントとして最も達成するべきことが、クリアできているイベントということがマチ全体に認識されているのです。

さらに、イベントを盛り上げる広告もカチクラ住民による手づくり。ここに住みモノマチに共感した人や取引先などの有志が、Webサイトやフライヤー、約140ページにものぼるイベント冊子をつくり、イベントを支えています。プロのカメラマン、デザイナー、ライター、編集、ウェブデザイナー、コーダー、さらには印刷までカチクラでまかなっているのです。販売するモノだけではなく、広告に至るまで「カチクラのモノづくり」と捉え、地元で制作している。このモノづくりに対する丁寧さと自信が来場者へ説明せずともしっかりと伝わり、愛されるイベントへと成長しているのでしょう。

17

26

23
<イベント当日>
ふだん見ることのできないモノづくりの現場やアトリエを間近で見れたり、様々なワークショップが準備されています。また、通常は土日休みの飲食店も特別にオープンしているので、休憩しながらマイペースでマチを巡ることができます。

撮影 石田圭

▼モノマチ
日時:2013年5月24日(金)、25日(土)、26日(日)
場所:御徒町、東上野、台東、元浅草、小島、三筋、寿、浅草橋、柳橋、蔵前
http://monomachi.com

▼近隣でも、モノづくりイベントを同時開催
エーラウンド
日時:2013年5月24日(金)、25日(土)、26日(日)
場所:広域浅草エリア
http://www.a-round.asia

▼隅田川エリアを五感で楽しむイベントも25日に開催
東京ホタル ひかりのシンフォニー – TOKYO HOTARU FESTIVAL 2013
日時:2013年5月25日(土)19:00-21:00 エリアオープン:18:45~21:00
場所:隅田川テラス(桜橋~吾妻橋間)
http://tokyo-hotaru.jp/outline/