デザイン 広告制作 アートアンドサイエンスの会社案内

デザインについての考え アートアンドサイエンス

驚きと感動を与えるクリエイティブ 人も企業も社会もきっともっとデザインで変わっていく。21世紀、わたしたちの世紀はまだはじまったばかりだと思う。

わたしたちアートアンドサイエンスは「優れたデザインは、人々をとてもポジティブにする」ことを信じ、「デザインで会社も社会ももっと豊かになる」を合い言葉に、お客様企業や製品サービスの、まだ知られていない優れた点や、それが実現できる夢を、これまでにないインパクトをもって伝えることを目指して設立されました。わたしたちのサービスの特長である「最適なプロセス、驚きと感動を与えるクリエイティブ」で、これまでまだ出会えていないけれど、それをきっと待ち望んでいるに違いない世界中の多くの人々に、お客様企業や製品サービスの価値を知らしめることを使命と考えています。

まだ設立から間もないわたしたちは、設立の理念を実現するために、お客様のご要望に一つひとつきめ細かくお応えしながら、さらにその期待を上回る成果を着実に実現しながら実績を積み重ねています。そして、すこし大げさかもしれませんが、人々や世の中に対する前向きで真摯なアプローチとしてのデザインの在り方をいつも考えています。

高度情報化社会の実現や、ITの発展は、「人が人に何かを伝える」ことそのものを大きく変えました。そして同時にデジタル技術の達成によって、デザインやコミュニケーションのクリエイティブクオリティは飛躍的にレベルが高くなりました。いまや、広告制作や販促活動、製品開発においてはもちろん、ちょっとした書類や貼り紙にまで一定レベルのデザインが求められています。圧倒的な情報量にさらされているはずの情報の受け手であっても、いやだからこそ、価格や機能、品質などにくわえてデザインという要素を意志決定の大きなファクターとするようになっています。成熟した市場や洗練されたビジネス環境において、意志決定はもはやその人の自己形成にまで関わる選択だとすると、デザインはいまやそのままアイデンティティであるといっても、過言ではないのかもしれません。

わたしたちアートアンドサイエンスは、このような時代の中で、あるべきデザインをこうとらえています。

1:表現する本質を、その核を掴むこと(=Get Insights)
お客様以上にお客様のことを考え、理解する洞察力がデザインのプロセスに求められていることをわたしたちは認識しています。
2:ユニークで、革新的であること(=Do Different)
わたしたちはお客様企業や製品サービスのかげがえのない存在価値を表現します。
3:こころを動かす機能をもっていること(=Be Attractive)
デザインには、それが優れていればいるほど、体験した人になにか「いてもたってもいられない」感情を呼び起こす力がある。そして人々になにか行動を起こさせるために直接働きかける力がデザインにはある、そう信じています

「競争力」という言葉が広く一般にも使われるようになって、企業も製品サービスも厳しい状況を勝ち抜くための戦略を展開しています。しかし、「競争力」や「強み」といった観点は、あくまで相対的指標であることに変わりありません。わたしたちは数多くのブランディングプロジェクトに参加させていただく中で、競争力を「強化」する前に、圧倒的な情報量と多種多様な価値観の渦の中で、まず企業や製品サービスが自らのアイデンティティを見つめ直し、それを認識し、そして確信をもって進むための絶対的な自信と誇りを獲得したいという想いに駆られているお客様の様子に触れることも少なくありません。

ビジネスをサポートするすべてのサービスは、これまで往々にして「競争力強化のため」という動機や課題を強調してきましたが、わたしたちアートアンドサイエンスは、もっとお客様にとって根源的な領域においてサービスを提供し貢献したいと考えています。会社案内やパンフレット、コーポレートWEBサイトやサービスWEBサイト、またブランディングデザイン全般について、クリエイティブを成果物としてだけ提供するだけでなく、その制作・構築のプロセスそのものをお客様と共有し、視野を同じくし、一緒になって自己の存在を見つめ直し、アイデンティティを再構築するそのプロセス全般をまさに「デザインの体験」としてご提供したいと考えています。

企業や製品サービスの規模や知名度にかかわらず、あらゆるお客様に対して、デザインが提供できる価値はもっとある。多くのみなさまがデザインのもつ力を信じて、わたしたちに期待していただいている。そう信じて可能性を追求していきたいと考えています。

  • WORKS
  • COLUMNS
  • CONTACT
  • ABOUT