• HOME
  • ブランディング

ブランディングデザインのサービスメニュー

経営プロジェクトとしてのデザイン

戦略的に構築された優れたCI(コーポレートアイデンティティ)・VI(ビジュアルアイデンティティ)は、見る人にこれまでにない深い共感とロイヤリティをもたらします。しかし同時に、ブランディングの意義はプロセスにこそあります。コンサルティングの過程で再発見することになる会社の存在意義、そして会社と社会、会社と社員のあるべき理想の関係性は、ロゴマークやロゴタイプとしてかたちに残るビジュアルな資産とともに、ブランディングデザインの大きな成果となるはずです。

経営インパクトのあるブランディングプロジェクトを成功させるためには「企業理解力」がなにより大事だとわたしたちは考えています。ひとくちに企業を理解すると言ってもそこには、市場環境やビジネスモデルなど経営を理解するためのビジネスセンス、そして社風や企業文化を直感的にとらえるための敏感なセンシビリティの両方が必要です。経営的視野をクライアント企業と共有しながら、ユニークで誰からも長く愛されるコミュニケーションをデザインすることがわたしたちの使命です。


コーポレートアイデンティティ
ユニークなロゴマークをデザインし、お客様や取引先、そしてあらゆるステークホルダーに企業のビジョンやコンセプトを発信します。
CI詳細へ>>
ビジュアルアイデンティティ
パンフレットやWEBサイトはもちろん、ステイショナリーからサインまであらゆるシーンに統一的デザインを展開する。
VI詳細へ>>
ブランディングアイデンティティ
ブランド価値を支えるのは、印象や「らしさ」、考え方における「らしさ」、対応や振る舞いにおける「らしさ」など実に多くの要素です。
BI詳細へ>>

制作フロー

01クライアントヒアリング
お客様企業の概要、経営・営業戦略などをディスカッション形式で率直な「声」としてお伺いします。デプスインタビューなどのプロセスでイメージを掴みます。
02課題の設定
プロジェクトのゴールを達成するための課題はどこにあるのか。コミュニケーションの「目的」「ターゲット」「シーン」などを軸にお客様企業と共有します。
03調査と分析
競合・市場調査、そして必要に応じて消費者調査などを行います。ヒューリスティックな分析から、マーケティングデータに基づいた分析まで客観情報を整備します。
04コンセプト立案
一定の仮説を立て、複数の方向性を検討します。プロジェクトのクリエイティブな側面をかたちづくるアイデアやグランドビジョンを具体的にご提案します。
05クリエイティブ・デザイン
アイデアを現実化させる段階です。デザインのクオリティはもちろんですが、お客様が体感的に検討できるようデザイン提案のプロセスにも工夫を凝らしています。
06マネジメント・運用支援
ブランディングデザインには終わりがありません。様々なあたらしいサービスやメディアに積極展開しながら長期的にその価値を強める必要があるのです。

オプションサービス

撮影
写真撮影は企画やコンセプトによって求められる技術や経験が異なる表現手法です。スチルライフ(物撮り)、人物スナップ、ランドスケープ、建築物などそれぞれに専門的な表現力を発揮する写真家をディレクションします。
イラスト
イラストを効果的に扱ったデザインは人の想像力をかき立てる力を持っています。トーンとタッチがコンセプトと融合することで、表現に奥行きと独特の世界観が生まれ、オリジナリティの高い印象的な訴求を実現します。
翻訳
人に感性のレベルで情報を伝え、さらに人を行動にかりたてるコミュニケーションを求めるのであれば、翻訳にも積極的な意訳を成立させるクリエイティブなセンスが必要です。ネイティブによる“文章力のある”翻訳を提供します。
イベント展示会
展示会の出展から周年記念イベント、新製品サービスの記者発表、そして一般参加者を募るイベントの開催までトータルにコーディネイトいたします。企画、制作から運営、管理、スタッフの手配までワンストップでご提供します。
広報・PR業務の委託
PR戦略の立案と実施を中長期的視野で実行します。クリッピング、リリースの配信はもちろん、ブランドPR・マーケティングPRそれぞれについて 、“話題づくり”の実現までコミュニケーションパートナーとしてサポートします。
広告代理出稿
TV、新聞、ラジオ、雑誌、電車や屋外広告(OOH)はもちろん、インターネット広告、ソーシャルメディアをからめた広告出稿、検索連動型リスティング広告まで、メディアプランの企画と媒体出稿を総合的にマネジメントします。

サービス内容

CI
ユニークなロゴマークをデザインし、お客様や取引先、そしてあらゆるステークホルダーに企業のビジョンやコンセプトを発信します。わたしたちが特に力を注ぐのは、ロゴやスローガンの運用フローの構築。ロゴの制作だけでなくその展開まで、拡張性をもたせながらルール化し定着させることでCIのもたらす成果を高めます。
ロゴマークやロゴタイプといったCIの制作には、マーケティングのアプローチと、クリエイティブなアプローチの両方が重要です。それは、CIに触れるターゲットの属性がきわめて多岐にわたるからだと言えるかもしれません。エンドユーザーの属性そのものも多様ですが、CIには社員のモチベーションやロイヤリティの向上、社会・メディアの印象管理、取引先などへの付加価値提供など多くのターゲットに効果をもたらす役割が期待されています。わたしたちは、CIというクリエイティブの持つ直感的訴求力を最大限に活かしながら、同時に、見た人に読み取られ、多くの方々に共有されるべきストーリー性を重要に考え、CIデザインの設計制作に取り組んでいます。
VI
パンフレットやWEBサイトはもちろん、ステイショナリーからサインまであらゆるシーンに統一的ビジュアルを展開するプランニングをおこないます。デザインを通じたコミュニケーションを有機的に設計し、お客様からの信頼感や社員のみなさんのモチベーションを高めるソリューションとしてトータルに支援します。
VI計画を構築するための、キーとなるデザインコンセプトは様々です。歴史や権威、信頼性を象徴するために、ロゴの意匠などに基づいた厳格なルールを策定するケースから、クリエイティブな発想力やイノベーティブな創造性を訴求するために、色彩の積極的な活用やあえて柔軟なルールをもちいるケースなど、幅広いアプローチからプランニングします。いずれに場合にも、コアとなるデザインのもつ根源的なメッセージをあらゆるメディアやシーンに浸透させることで、企業のもつ一貫性ある価値観を表現し、さらにそれがフィードバックされてメッセージのコアな部分の純度を高め、企業の揺るぎない存在意義をより強化させることを目指します。
BI
それぞれの企業がもっている揺るぎない「らしさ」とは何でしょうか。「ブランド」という価値を支えるのは、印象や感性の「らしさ」、考え方における「らしさ」、対応や振る舞いにおける「らしさ」など多くの要素です。ブランドアイデンティティの構築とは企業のあるべき姿についての多角的アプローチです。
お客様企業が生活者や市場、採用希望者などからどのような印象をもたれているのか、そしてそこには企業の目指すべき方向性とどういうギャップがあるのか、という調査・検討を起点に、マス広告やPRまで展開を視野に入れた情報コミュニケーションの開発を行います。企業の考える特長や強みをエンドユーザーやお客様にとっての価値に置き換え、企業のビジョンやコンセプトをキーメッセージ化して「情報クリエイティブ」として開発します。開発した「情報クリエイティブ」を、企業の基盤となる「考え方」や「振る舞い」として内外に浸透させ、視覚的な「デザインクリエイティブ」と一体化させることでその効果を高めます。